読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【初投稿】就活ブームはまだまだ終わらないので。。。

就活 学生 役立ち

初めての投稿になります。これから不定期で、いろんなことを書いていきたいと思いますが、初回の今回は「就活」をテーマに書いていこうと思います。

 

  1. 就活のイメージ
  2. 就活の本質
  3. 就活を考える皆さんへ

 

1.就活のイメージ

 仕事柄、就活中の学生さんや就活を控える学生さんと話す機会が多くある。そんな学生さんたちに就活って何だと思うかを問うと、会社に入るために活動する事、と言った答えが返ってくることがほとんどだ。

 たしかに世間でも就活といえば、「とりあえず某リクルートエージェントの就活サイトに登録し、無数に開かれる会社説明会なるものに足を運び、エントリーシートを何十、何百という会社に送って通過連絡を待ち、面接を突破して内定を勝ち取る活動」とほとんどの人が思っている。そしてほとんどの学生が勉強よりも多くの時間を割いてこのとおり活動に取り組んでいる。

 ただ、企業の人事担当者として数年間採用活動に携わった自分には、本当にこの活動のあり方でよいのかは甚だ疑問を感じる。

 本当に自分のやりたい事、成し遂げたい事、の実現のための一環として、就活を行っている学生さんがほとんどいないと思うからだ。

 

2.就活の本質

 個人的に就活の本質は、自分が一生を掛けて成し遂げたい事を見つけ、そのために行動することだと考えている。各会社のやっている事業や職種から自分のやりたい事を見つけるのではなく、自分がやりたい事ありきで就活を進めなければ必ず後悔するときが来るだろう。

 自分が一生を掛けて成し遂げたい事がある人はその実現のために努力の方向を間違えずに就活をすればよいが、そんなものがない人はそこを見つけるところからはじめなければならない。

 就活で一番時間を掛けなければならないのは、説明会への参加やエントリーシート作成ではなく自分のやりたい事を見つける事、そして実現するにはどうすればいいかを考える事。

 一人で考えても分からなければ人に聞いてみるも良し、以下のようなサービスもあるので利用してみても良し、とにかくここに時間を掛けてほしい。

 

reserva.be

 

3.就活を考える皆さんへ

 今まで書いてきたとおり、世間や周りに流されて就活を始めるのではなく、本当にやりたい事って何だろう、どうやったら実現できるだろう、と言う事をまず考えて欲しい。それが決まれば就活への取り組み方、仕事の選び方、が見えてくるはず。

 どうせ働くなら自分のやりたい事、好きな事のほうが楽しいのは自明の理、後悔のない様に自分の進む道を決めてください。

 

終わりに。。。

 偉そうに書いてきましたが、自分自身が出来ていたかと言われればそうではありません。採用の仕事に関わるようになって気づいた事がほとんどです。だからこそ、これから就活を始める皆さんには是非、人生の先輩のアドバイスとして受け取ってもらえたら幸いです。

 次回は、、、多くの学生さんが興味を持っている「海外留学」について書く予定です。興味のある方はぜひ!