読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEIC500→800オーバー!!英語力を飛躍的にUPする3つのトレーニングステップ

こんばんは。今日は英語のトレーニング方法についてを書いていきます。

英語が話せるようになりたいと思っている人は多いはず。大丈夫です!!

トレーニング方法を工夫すればすぐに効果は現れますよ!

私自身、この方法を毎日実践して、1カ月でTOEIC500点代から800オーバーまでスコアを伸ばしました。

皆さんにもぜひ試してほしいと思いますので、さっそく紹介していきます。

 

①なによりも音読!

 そう、一番は何と言っても音読です。英語で書いてある文章を声に出して読む、ただそれだけです。初めのうちは意味なんて気にしなくてオッケーです。一見簡単なようですが、日常生活で英語を声に出す機会はそんなに多くないので、顔の筋肉が疲れますよ。笑  声に出すことで、まず英語をしゃべることに筋肉がなれます。そして慣れてきたら意味を考えながら音読してみましょう。今度は英語で意味を捉えることに頭が慣れてきます。あとはこれの繰り返し。

 コツは同じ文章を繰り返し音読すること。慣れることが大切なので、同じ文章を毎日1回1ヶ月続けてみてください!

 

②音読になれたら次は耳から声へ

 音読に慣れてきたら、次は耳で聞いた文章をそのまま声に出してみましょう。こちらも初めは意味をとらえる必要はありません。聞いたまま声へ。これを繰り返します。このトレーニング、初めはほとんどできないと思います。笑 それでもオッケー!スクリプトを確認しながら徐々にできるように続けていきましょう。慣れてくれば、音声とほとんど同時に声に出せるようになります。

 

③最後は暗唱

 ①、②が自然にできるようになったら、最後のステップは暗唱です。1つのスクリプトを黙読し、文章をみないで音読をします。これも初めは意味をとらえることは不要、ひたすら英文を暗唱できるようにします。200単語程度ならば10回もやればマスターできると思います。慣れてきたら意味を考えながら声に出してみましょう!ここまでくれば相当な英語力がついているはずです。

 

あとは様々な文章で①~③を繰り返すだけ!!音読をすることで脳が活性化するとともに、英語を脳に刷り込ませることができます。日本人が英語が苦手なのは声に出す機会が少なく、脳が反応できないからなんです。

このトレーニングではその弱点を徹底的に鍛えるので、リスニング力、速読力が飛躍的にUPするのです。

 

以上、今回は私が実践しているトレーニング方法の概要をご紹介しました。

英語なんて言葉なんだ!!(某予備校講師お言葉ですね。。。笑)

その通りです。毎日英語に触れていれば、必ず話せるようになるのです!

英語が話せるようになりたい、そう思っているのならばまずは何かしら英語に触れる環境作りから始めてみてはいかがでしょうか?

 

留学支援サービスのminicoco

f:id:minicocohith:20161107224444j:plain